Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

白い影スペシャル~あらすじと感想(ネタバレあり)

白い影スペシャルは、ドラマ「白い影」最終回から約2年後の2003年1月2日に放送されました。

支笏湖に身を静めた直江庸介(中居正広)が行田病院に来る前を描いた作品です。

さっそくあらすじと感想(ネタバレあり)を書いていきます。

スペシャルではなく、普通のあらすじを知りたい方は下記リンクへ。

【白い影】1話 誰も愛さない医者

あらすじと感想(ネタバレあり)

直江が身を静めた、支笏湖を訪れる倫子(竹内結子)。

そこで直江の恩師である七瀬(山本學)に出くわし、直江の昔話を始めるところから物語は始まります。

大学病院を辞め、長野の病院に赴任

「僕の求めるものはここにはなかった」

直江庸介(中居正広)が、理想の医学を求め、大学病院を辞めるところから始まります。

直江庸介が大学時代の恩師である七瀬を頼り、長野の病院に赴任します。

そこには、直江の求める「患者に寄り添う医療」があった。

大学病院時代には、自分に嘘をついて死んだような眼をしていた直江が、長野に来てからは、充実感を感じきらきらと目を輝かせていたと話す七瀬。

真との出会い

医者として自信を深めていった直江は、大沢真琴(倉沢桃子)と出会う。

以前に一度運ばれてきた真琴だが、今回は強い脚への違和感を感じていた。

検査の結果、脊髄腫瘍であることが判明する。

症状と手術後のケアも含め、担当を直江から坪田鉄平(高嶋政伸)にするよう院長である七瀬が指示するも、直江は自分に任せてほしいと言う。

坪田や女医の森玲子 ( 純名りさ)に「もし助からないとしても、嘘をつき続けなければならない」ことを伝えられるも、直江は大丈夫ですと真琴の担当を続けさせてほしいと言い、七瀬が了承する。

手術

坪田と直江で手術を行う。

開いたところ真琴の腫瘍は悪性で、すべて摘出することが出来なかった。

真琴の余命はあとわずかしかない。

手術を終えた直江は、真琴の母親にもう助からないことを告げ、「嘘をつき続けること」を提案する。

はじめは抵抗し、嘘をつき続ける自信が無いという真琴の母親に対し、「最後まで希望を与えることが真琴のためになる」と言い、母親も了承する。

手術から目を覚ました真琴は手術が成功したかを問いかけ、直江は「大成功だ」と自信満々に言う。

手術が終わり、

「ほんとはあたし、恋人なんていないし。。

キスだってしたことないんだよ。

だから、もし手術が成功したら先生にキスしてほしいって思ったの」

 

「でもな、真琴。

真琴は元気になるんだ。

これからいろんなことが出来る。

恋だって沢山できるんだ。

だから、キスはちゃんと好きな人との為に取っておきなさい。」

もう助からない真琴に直江は嘘をつき続ける。

嘘の中に入ってきた真琴

病状が進行していき、最初は抵抗するも、自分がもう助からないことに気づいていく真琴。

真琴が直江に話す。

「あたし大学に行く」

 

「何かなりたいものでもあるのか?」

 

「笑わない?」

「あたしね、お医者さんになる。

直江先生みたいなお医者さんになって、患者さんに優しくして、患者さんの話、いっぱい聞いてあげて、

それで、病気を治してあげたい」

 

「そうか。真琴なら、きっとなれるよ、そういう医者に」

 

「ありがとう。先生のおかげだよ、そんな風に思えたの」

そういって真琴は眠りつく。

 

眠りについた真琴の唇に直江はキスをする。

「今の僕にあげることが出来る、たった一つの真琴の未来だった。」

その1週間後、真琴は息を引き取った。

喪失感

真琴の死に喪失感を感じる直江。

そこに交通事故に遭った急患の女性が運びこまれてくる。

その患者を真琴と重ね合わせ、我を忘れてしまっている直江を坪田が平手打ちをする。

「目を覚ませ、お前は医者なんだぞ」と叱責する。

 

我を取り戻した直江は、坪田と七瀬と共に手術を成功させ、急患の女性の赤ん坊を取り上げる。

手術を終えた直江に七瀬は「救えなかった命のことを忘れるな、でも救った命のことも忘れるな」と伝え、直江は心から感謝をし、「はい」と答える。

異変

手術を終え、安堵した直江だったが、腰の痛みを感じ激しく声を上げる。

以前から感じていたものだったが、忙しさにかまけていた直江は症状を軽んじていた。

今回の激しい激痛で、自分がMM(多発性骨髄腫)の症状であることを理解した直江は自ら検査を行う。

検査の結果、すでに自分が手遅れの状態であることを実感し嘆く。

死への孤独と恐怖を紛らわすために仕事にのめりこむ

直江はいら立っていた。

看護師に強く当たったり、必要以上に仕事にのめりこむようになった。

死への孤独と恐怖を紛らわすためだ。

以前まで優しかった直江の豹変に坪田や森は驚きを隠せない。

そんなときに、七瀬の奥さんが病院を訪ね、ガンが再発したので病院に入院することを七瀬に伝えてほしいと直江に言う。

直江はショックを受け、言葉を失う。

その後、奥さんは亡くなり葬式が行われたが、直江は葬式には来なかった。

死への孤独と恐怖を紛らわすために酒と女に逃げる

直江は誰にも言わずに、病気を抱えこみ、死への恐怖から酒を飲むようになった。

バーで酒を飲んだ帰りに、看護師とすれ違う。

元々直江にアプローチをしていた看護師だったので、直江は口説き、お酒だけではなく女性で死への孤独を埋め始める。

発覚

そんな自暴自棄の直江を院長はそっとしていたが、ある日一緒に酒を飲もうと直江に家を訪ねる。

急な訪問に驚いた直江は、酒と自分のレントゲン写真で散らかっている部屋を急いで片付ける。

最初は待っていた七瀬だったが、「片づけなくていいよ」と強引に直江の家に入ってくる。

そこで、直江の片づけそこなったMMの検査結果や数値が書かれた紙を見る。

「自分の研究の勉強をしてくれたのか」と第一声は話しかける院長だが、「いや、それにしても数値が悪すぎる、これはどこの患者だ?」と直江に問いかける。

答えられない直江に、さっきの片づけていたレントゲン見せろと強い態度で迫り、レントゲンも見始める。

「治療はどうなってる?」と問いかける七瀬に

「もう手遅れですから」と直江。

「それが医者の言う言葉か!本人にはなんといっている」と怒る七瀬。

「本人はわかっています。わかりすぎているほどに・・・」と答える直江。

もう一度紙をみた七瀬は男性28歳というのを見て、直江がMMに侵されていることに気づく。

逃避

さらなる精密検査のため七瀬はすぐに直江を病院に連れて行き検査をする。

しかし、望むような結果ではなかった。

「どうしてお前が・・・」と嘆く七瀬に

「もういいんです、、」と直江は告げ、病院から走りだしタクシーに乗ってどこかへ行ってしまう。

支笏湖

直江は支笏湖にいた。

それは幼い頃母親と姉と共に来た場所だった。

「自然はすごいね、生きるチカラをくれるね」そう語りかけた母の思い出。

「わたし、医者になる」そう自分に語り掛けた真琴のコトバ。

その2つを思い出し、直江はもう一度生きることを決意する。

最後にこの湖に身を沈めるまでは。

最後まで医者として生きる

直江は院長の家を訪ねる。

これから東京の病院で働くことを告げる。

当然七瀬は、「私はお前を治療するんだ」と反発する。

直江は、「でも、どんなに手を尽くされても、僕は死にます。

それなら、手を尽くされるのではなく、死に対して、手を尽くす者として、残された時間を生きたいんです。

死を覚悟した、今の僕だからこそできる医療のために、強く生きたいんです」

と告げる。

どうして自分に残酷に生きるんだと反発する七瀬。

「できることを何もやらず、最後に後悔するほうが、残酷だと思います。

僕は、医者として、最後まで…。それが、僕に残された未来なんです」

 

「それならここでもいいじゃないか」とさらに反発する七瀬。

「ここには優しさが溢れすぎています。僕はきっと、それに甘えてしまいます」

反論された七瀬は「それじゃ、止められないな。」と奥に逃げ込んでしまう。

見送り

東京へ行くバス亭に向かう直江。

坪田と森が見送りに来て、「お前が決めた人生最後までしっかり生きろ」と坪田が言う。

バスが来るが、七瀬もやってきて、奥さんがお前に作っていたものがあると告げ、直江にマフラーを渡す。

バスに乗り込む直江に七瀬は「生きろー」と叫び、直江はバスの中で頭を下げ感謝を表す。

こうして直江は行田病院にやってきたのだった。

庸介

七瀬から直江のむかしの話を聞いていた倫子。

そこに「目を覚ましたらお母さんがいなくて泣き止まなくてー」とタクシーから声がかかる。

そこには、直江と倫子の子供である庸介がいて、倫子が笑顔で抱きかかえる。

 

倫子は湖に眠る直江に話す。

「ほら見て。おっきいでしょう。

ほら陽介、きらきらしてて、きれいだね。

先生。見えますか? 私たちの陽介。大きくなったでしょう」

 

白い影SP 終

まとめ

カフェでこれを書いていますが、自分で書いていて泣きそうになってしまうほどです。

・大学病院の挫折経験を経ての長野の病院での充実感

・真琴との出会い、嘘をつき続けること、別れと喪失感

・赤ん坊の命を救えたことの喜びからのMMの発症

・死への孤独と恐怖を紛らわすための自暴自棄な行動

・七瀬にバレてからの支笏湖での救い

・手を尽くされれる側ではなく尽くす側として生きていくこと

こんな構成でしたが、すべてにドラマがあり、見ていて感動があります。

直江先生ほんとうにかっこよくてたまらないですね。

私だけではなく、皆が絶賛しているのもAmazonレビューの高評価で見て頂ければと思います。

1 Comment

深澤 タモツ

 深澤です。先日はコメントへの返信ありがとうございました。無影燈とドラマを全て見終えた上での意見を述べさせてください。
 僕は、このスペシャル版がとても好きで、このDVDだけは購入して持っていました。直江が、七瀬院長の元で他の医師や患者に支えられながら成長する姿は、管理人さんの書かれておられるように感動ものです。「命が尽きるまで医師でありたい」というのは、ドラマ本編でも繰り返し描かれており、小説とは少しテイストの違うものになっていますよね。それが故に、最後に自死を選択するのは違うのでは、と疑問に思い続けているのです。歩けなくなったり、手術ができなくたって医師であり続けるのは可能でありプライベートでも医師であり続けて欲しかったのです(せめて倫子と愛し合うようになってから)。恐縮ですが、僕が考えた結末を聞いてください。
 ドラマ編の直江は、倫子と出会う前は、最後は支笏湖で死ぬことを決めていた。でも、三樹子の言葉にあるように、倫子を愛し、一緒にいることで恐さが軽減されるのがわかった。
 二人は北海道に向かう。ホテルで倫子は、赤ちゃんができたかもしれないと、直江に告げる。それを聞いた直江は、長野にいた頃、赤ちゃんを取り出したこと、七瀬先生に言われたことを強く思い出す。
「救えなかった命のことを忘れるな。その代わり救った命のことも忘れるな。お前が取り上げた赤ん坊の命の最初の重さを忘れるな。すべての命に救うべき心のあることを忘れるな」
 翌日、倫子を東京に送り出し、直江は支笏湖にもう一度向かう。でもそれはもう死ぬためではなく、倫子と生まれてくる赤ちゃん(顔は見れないだろうが)最後まで(医師として)生きる決心をするためだった。
 それから1年後、倫子は産まれた陽介と支笏湖を訪れる。倫子が持つ小さい箱には直江の骨が入っていて、それを湖にまく。
 「先生、大好きだったこの湖でゆっくり眠ってね。」真夜中のナイチンゲールに乗せてエンドロール。

 追伸 中居くんと上川さん、そして竹内さんと原さんの役柄を入れ替えると小説に忠実なドラマになれそうですよね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です