Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

死が迫ってくるとなぜ男は女を求めてしまうのか?

「白い影」や「無影灯」での直江先生や石倉由蔵に共通していますが、死が近づくと女性を求めている点です。

特に直江先生は、モテ男ぶりを発揮し「無影灯」では未遂も含めると5人の女性に手を出しています。

死が迫ってくるとなぜ男は女を求めてしまうのでしょうか?

 

私も一時期死を意識せざるを得ない状況になりました。

すると、普段の数倍女性を求めたくなりました。

そして、さらにそれが発展すると自分の子供を残したいという気持ちまで芽生えてきました。

  • この苦しみから逃れたい。
  • 自分にしかできないことは何だろうか。
  • この世から消えてしまう前に自分の生きた証を残したい。

そんな冷静ではない感情が沸き起こってくるのです。

そして、死の恐怖と戦うストレスに対抗するには人肌しかありません。

 

戦時中の慰安婦もそうでしょう。

これから国のために戦争に行く。

明日になれば自分は死んでいるかも知れない。

そんな計り知れない恐怖とストレスから逃れようとすると自然とそうなります。

メカニズムで説明すると、常に緊張感のある環境にいるとアドレナリンが出続けている状態になり、セロトニンが不足し、リラックスすることができずに精神に支障が出ます。

慰安婦などの存在を肯定するわけではありませんが、オスと言う性質上、死の恐怖とストレスを与えられると女性を求めずにはいられないでしょう。

 

近年、草食系男子が増えたと言われていますが、それは死の恐怖やプレッシャーを強く感じていないからではないでしょうか。

プレッシャーのある仕事や生活をしている人ほど女性を必要とします。

あんなにも分刻みで動く忙しい政治家が不倫をしたり愛人を作るのは、プレッシャーが非常に強く、そうでもしないとストレス発散できずに自分を保てないからでしょう。

たしかに「国の税金でたくさんのお金をもらってるのに不倫だなんてけしからん!」と怒りの気持ちになるのも仕方ないでしょう。

しかし、普通の人の何倍もプレッシャーが強いのは言うまでもありません。

実際に政治家と同じプレッシャーを受けたら普通の人であればまず耐えられずに精神を病んでしまうでしょう。

そう考えたら少しは同情する気持ちも湧いてくるのではないでしょうか。

話はそれましたが、これが死や恐怖、強いプレッシャーを感じるほど女性を求めてしまう理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です